東京・代々木上原にある女性のための漢方薬店

ご予約
お問合せ
アクセス
営業案内
ズボラ薬膳
漢方症例

子宮頸部異形成(軽度異形成)3か月漢方薬を服用することで「異常なし」

子宮頸部異形成と診断された後に、そのままにしておくのはあまりに不安が大きい。診断された後は、どのように考えて行動するかが大切です。不安を感じている女性に漢方薬がおすすめ。子宮頸部異形成、軽度異形成と診断されて3か月漢方薬を服用することで「異常なし」になった漢方症例をご紹介します。

30代 女性

医療従事者 

初回来店X年 Xー1年CIN(軽度異形成)と診断される

X−2年(2年前) 子宮頸部異形成 HPV18型と診断される。LSIL(べセスタシステム分類 子宮頸部表面に軽度のHPV感染を認める)子宮頸部異形成に伴う症状は特にない。(出血なし)

<生理の状態>生理周期 25-27日 生理期間 5日間 経血量の問題なし 生理前2-3日前になると腰の痛みあり(下腹部もシクシク痛む)痛み止めを飲むことがあるが、毎回ではない。月経血にレバーのような塊はない 生理前になると胸が張る。緊張やイライラなどの情緒変化はない。

<その他症状>足先は冷えるが、上半身の冷えは感じない 暖房の環境下でのぼせることが多々ある。肩こり自覚なし。生活リズムは仕事の出勤時間によりバラバラ。遅い日は21時ごろ帰宅することもある。朝7時から8時くらいに起床する。睡眠時間は毎日8時間程度。昼食は職場の人と交替で入るため、遅くなることもしばしば。食欲に問題はない。排便は毎日あり。仕事柄イライラしないように気をつけている。緊張すると痛みが出て下痢っぽくなる。出勤前は、痛みにお腹が痛むことが多い。お腹の張りがある。トイレは近い。貧血傾向あり。(電車に乗って意識を失う)運動歴:フットサル 

舌胖大 歯痕 暗淡

胸脇苦満(右)心下痞

<処方>

利気剤と活血剤を合わせて使用する。下腹部痛、冷えのぼせ傾向、下腹部痛があることから、「桂皮」「牡丹皮」「延胡索」「紅花」「川芎」「牛膝」などを中心とした処方を使用する。

腹診、胸脇苦満、生理前の胸の張りがあることから「柴胡」を中心とした処方を。舌より浮腫み傾向、頻尿であることから「茯苓」「白朮」、緊張による腹痛の傾向があるため「白芍」などを用いた処方を合わせる。

下半身を温めながら、血液の巡りを良くする「桂皮」を中心とした処方で、3週間から1ヶ月ごとに症状を伺いながら、漢方薬を変更し、しばらく続ける。

3ヶ月後症状変化

直近の婦人科での診断で、NILM(異常なし 子宮頸部の表面は異常なし)と診断される。生理痛が楽になる。生理前の緊張なし。仕事が早く始まる日は緊張して、朝早く目覚めるが、睡眠の質も良くなった。くいしばりがなくなる。お腹がゆるくなる時もあるが、お腹がゆるくなる頻度は減っている。生理前の胸の張、なくなる。

<終わりに>今回の診断で、異常なしとされましたが、定期的に子宮がん検診を受ける必要があります。3か月でNILMになり本人も安心しているご様子でした。子宮頸がんの一番の予防はワクチン接種が基本です、しかし、もしかかってしまった時にどのように、どのように考えて行動するのが良いのか考える必要があります。その人の体の弱いところを補って、巡らせる漢方薬でのケアもおすすめです。

女性のための漢方薬店 代々木上原から徒歩3分 日日漢方

代々木上原漢方相談 女性のための漢方薬店 日日漢方 更年期・PMS・生理痛など女性特有の体調不良、どこから手をつけていいかわからない頑張り屋の女性を内側からサポート。プライベート空間で初回ご相談じっくり、1時間。漢方薬だけでなくライフスタイルも提案します。

https://nichinichi-kampo.jp/

漢方薬剤師 国際中医専門員 田村英子

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

  1. 漢方相談よくある質問 FAQ

  2. 【漢方症例】夜も眠れないほどの耳鳴り 8週間で完全に消失

  3. 耳鳴り・難聴と漢方薬 4つのパターン 治療法と対策

  1. 漢方相談よくある質問 FAQ

  2. 【漢方症例】夜も眠れないほどの耳鳴り 8週間で完全に消失

  3. 耳鳴り・難聴と漢方薬 4つのパターン 治療法と対策

PAGE TOP