東京・代々木上原にある漢方薬店

ご予約
お問合せ
アクセス
営業案内
ズボラ薬膳

冷え症は「なんとなく不調」の原因に 積極的に取り入れたい冷え症セルフケア

最近ぐんと気温が下がり、冷え症のお悩み相談も増えています。具体的治療法がないと言われる冷え症には漢方も効果的♡

冷え症は手や足など体の一部が冷えている、腰回りが冷えるという感覚があり、感覚的なものがバロメーターなので我慢してしまうことも。

しかし「冷えは万病のもと」なんとなくな不調に繋がります。

冷え症によって現れる症状は?

・肩凝りがひどくなる、頭痛する
・代謝が落ちて浮腫む、太りやすくなる
・自律神経が乱れるイライラする、落ち込む
・眠れなくなる
・不妊症や生理痛が激しくなる

冷え症の生活スタイルアドバイス

1生野菜やフルーツを控える

からだに良いからと言って、フルーツや生野菜をせっせと食べているとからだを冷やしてしまうことがあります。温かい野菜スープやお味噌汁にして、フルーツはコンポートにするなど、熱を通したものを食べるように心がけましょう。また、氷の入った飲み物も控えましょう。

2運動を取りいれましょう

血流を良くするために日頃から筋肉をつけることも大切です。いつもエレベーターで登るところを階段にする、いつもより一駅手前で降りて歩いてみるなど、運動習慣がない人も取り入れやすいところから始めてみてください。

3湯船に浸かりましょう

夏場、シャワーで済ませてしまう人も多いのですが、しっかり湯船に浸かりましょう。

4湯たんぽを利用しましょう

湯たんぽで、太ももの大きな筋肉を温めることがおすすめです。湯たんぽが手元にない場合は、ホット用のペットボトルにお湯を入れて使ってみるのも一つです。

体質改善するためのライフスタイルも人それぞれです。良くなるためにストイックになり過ぎている人も是非、見直すのもおすすめです。

代々木上原漢方相談 女性のための漢方薬店 日日漢方

更年期・PMS・生理痛など女性特有の体調不良、どこから手をつけていいかわからない頑張り屋の女性を内側からサポート。プライベート空間で初回ご相談じっくり、1時間。漢方薬だけでなくライフスタイルも提案します。

漢方薬剤師 田村 英子

最新情報

  1. 産後、寝付けずに朝を迎えてしまう不眠症が漢方薬で改善

  2. 春に感じやすいストレス・自律神経の乱れを整える漢方薬と過ごし方

  3. 漢方相談よくある質問 FAQ

PAGE TOP