東京・代々木上原にある女性のための漢方薬店

ご予約
お問合せ
アクセス
営業案内
ズボラ薬膳

9月9日(土)「子宮レスキューフェムケア薬膳茶のクラス」を開催しました。

セミナー

9月9日、この日は、私は生徒であり、先生であった日です。

午前はニールズヤードレメディズスクールで「子宮レスキューフェムケア薬膳茶」のクラスを担当、 夜は生徒として和田暁先生の薬膳茶スーパーバイザーの資格試験を受けてきました。

どちらも薬膳茶関連。集中力を要する長い1日でしたが、問題なくこなすことができました。子供を産んでから、ちょっと守りに入りすぎて、力加減を意識しすぎていたかな。と思った日です。

和田先生に教えて頂いている薬膳茶のクラスは、中医心理学とかけあわせたクラスでずっと受けたかった授業。二年かけて学び、ようやく試験を受けられました。ほぼアーカイブでの受講で、仕事・育児・開業の合間を縫っての学びでした。ライフステージの変化で女性は自分のアイデンティティを失いやすいのですが、自分が好きと思った勉強は続けていくこと、これまでのキャリアにつながる道が作られていくと思います。

 

自分自身も他所で薬膳茶のクラスの講師をしたわけですが、和田先生のクラスを受けて、右から左に流すように知識を披露したかというと、当然ながらそんなことはしませんよ。笑

教えてくださる先生に敬意を払うのと、授業は教える人がどれだけ経験を得ているか、が出てしまうため、和田先生のクラスをそのまま自分がやっても深すぎて伝え切れません。

 

人の心理に興味があって心理療法をはじめて学んだのが、十年以上も前のこと。その時は、森田療法というものを慈恵第三病院の精神科医の北西先生達から体系的に学びました。当時勤めていた帯津クリニックの板村論子先生(現 ピシュス統合医療クリニック 院長)の勧めです。 系統立てた学びにより、刹那的な励ましの言葉でなく、単なる自分の経験ではなく、人の絡んだ頭の中をほどくことを論理的に解決する方法を学ぶことができ、学びが自分のレジリエンスを高めることにもつながりました。

 

そんなこんなで、とても長い1日でしたが、たまには自分を褒めてあげようかと思います。 笑

秋の後半にニールズヤードレメディズスクールで新しいクラスをはじめる企画も。軽やかな感じにワクワクしております。 こちらは後日、お知らせします。 和田先生、受けて下さった受講生、ニールズの職員さん、関わってくださった全ての方に感謝を。ありがとうございました。

代々木上原漢方相談 女性のための漢方薬店 日日漢方

更年期・PMS・生理痛など女性特有の体調不良、どこから手をつけていいかわからない頑張り屋の女性を内側からサポート。プライベート空間で初回ご相談じっくり、1時間。漢方薬だけでなくライフスタイルも提案します。

薬剤師 田村英子

最新情報

  1. 仏教企画「仏教と伝統医学」で「中医学」をご取材頂きました。

  2. 日本中医学院(旧 北京中医薬大学 日本校)で講演しました。

  3. 子宮筋腫による生理痛を内側からケア 痛み止めを手放した!漢方症例

PAGE TOP